Loading

BRAND

こだわりの素材

有機肥料のみを使い人工的な操作を加えず育てるオーガニックコットン
オーガニックコットンから漂白剤を使わず厳しいチェックのもと生まれる綿生地
黒体プリント生地柄

オーガニックコットン

普通の綿花の栽培は、畑に化学肥料、防かび・殺菌剤を散布します。草が生えてきたら除草剤、害虫がつけば殺虫剤、実がつき、はじけたら落葉剤・・・と、大量の薬剤・化学肥料が使われています。

オーガニックコットンの畑には、牛糞・堆肥などの有機肥料を使用。除草剤で草を枯らす代わりに土を掘り起こし雑草を埋めます。殺虫剤で害虫を殺す代わりに畑の周りの穀物を植え、テントウムシなどの天敵を増やし駆除します。落葉剤の代わりには給水を絶ち、霜によって自然に葉が落ちるのをじっくり待ち収穫します。

このように手間がかかるオーガニックコットンの生産量は、綿全生産量の1%未満です。

オーガニックコットンから布をつくる時は

漂白剤は使わずに天然ワックスやデンプンを使います。発がん性物質やアレルギーの元になる薬品は全て禁止。染料も厳しくチェックされます。

  • 遺伝子組換えの種の使用禁止
  • おおむね3年以上化学薬剤や化学肥料を使っていない畑であること
  • 製品になる全ての工程で、できるだけ化学薬品を使わずにつくられたもの

これが、オーガニックコットンです。

ASHA ORGANIC

世界で収穫可能なオーガニックコットンの約67%はインドの綿花です。アシャ・オーガニックは、インド綿花の中で、わずか1.8%の生産量しかない、たいへん希少な原綿です。
天然の油脂分が豊富に含まれており、それが独自のヌメリ感と柔らかな風合いをもたらします。
インドのオーガニックフィールドにて手摘みで丁寧に収穫されたアシャ・オーガニックは、一般的な綿より長くてやわらかい超長綿で、細くて光沢のある上品な糸になります紡績方法にもこだわり、【GOTS】の認証も得ています。

私たちは、この大変希少性が高く、柔らかな風合いのアシャ・オーガニックコットンを「back shine cut-sow」に使用しました。

【GOTS】とは
GLOBAL ORGANIC TEXTILE STANDARD
代表的な国際基準策定機関によって、原料の収穫から環境にやさしく社会的に責任のある製造を経て、消費者に信頼できる保証を与えるラベリングに至るまで、「繊維製品が正しくオーガニックである」という状況を確保する世界的なルールを定めるために開発されました。オーガニックに関する統一した判定基準が必要であるとする製造業者や小売業者から強い要望により世界的な評価を得ています。GOTSは、オーガニック繊維から創られた繊維製品を供給する加工業者と製造業者のために世界の主要なマーケットに受け入れられる「オーガニックの認証」を可能にしています。


黒体

注目の新素材「黒体」。
私たちは、粉状の黒体を特殊な方法で生地にプリントし、「Elegant Apron」に使用しました。
この、さまざまな効果があるとされる期待の素材を使用し、今後も色々な製品を開発して行きます。

期待されている効果

  • 吸着分解(消臭効果)
  • 電磁波遮蔽
  • 温熱効果(遠赤外線発生)
  • マイナスイオン発生
  • 静電気などの放電効果

低温で遠赤外線が発生

黒体は30~32度で遠赤外線を発生すると言われていて、その温熱効果に高い期待が集まっています。
岩盤浴の石などは40度以上でないと遠赤外線が発生しません。一方、黒体は体温に近い温度で遠赤外線による温熱効果を得られるため、エプロンなど普段から着用する衣類に使用することで、常に冷えなどから体を守り、循環を促す効果が期待できます。

半永久的に続く消臭効果

備長炭なども、消臭やマイナスイオン発生効果があるとされて人気がありますが、備長炭は吸着できる量に限りがあり、放出することもできないので、それ以上の効果が無くなってしまいます。
黒体は吸着した成分を、光合成のようにみずから分解・放出することができるため、その効果は半永久的に持続するとされています。
洗濯をしても効果は続きます。

PAGE TOP